2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
 
日本茶・緑茶(煎茶)などのお茶の保存方法について

まず初めに、お茶はとてもデリケートだということをご理解いただきたいです。気温や湿度や光によって変質しやすく、誤った保存方法をすれば品質の劣化を早めてしまいます。お茶の劣化を防ぎ、少しでも長く美味しくいただくために、効果的な保存方法を押さえておきましょう。

お茶の保存方法を知ろう

【湿気を避ける】

乾燥しているお茶に湿気は大敵です。湿気は、茶の風味や色合いに極端な悪影響を及ぼしてしまうからです。湿気を通さない袋や密封器に移し、場所も除湿を行ってから保存するのが好ましいです。

【酸素を避ける】

お茶が酸化してしまうと味わいの低下に繋がってしまいます。そのため、開封後は袋内の空気をできるだけ抜き、開口部をしっかり密封して保存するようにしてください。

酸化とは
物質に酸素が化合する反応で、元々の性質(色や味)が変化することです。現在、多くの食品類には酸化防止剤が使われています。

【冷蔵庫保存はなるべく避ける】

お茶はできるだけ涼しい場所に保存するのが望ましいですが、だからと言って冷蔵庫保存はおすすめできません。上記の通り、お茶にとって湿気は大敵で、冷蔵庫の温度と取り出した外の温度差で露が発生してしまい、湿気を吸ってしまうことが考えられます。
それでも、夏場は常温で保存するのは危険です。冷蔵庫で保存する場合は、真空、密封状態にすることが望まれます。

またお茶はにおいを吸収しやすい性質を持っており、冷蔵庫に入っている食材のにおいが移ってしまい、独特の素敵な香気が損なわれてしまいます。直射日光の当たらない、涼しい場所に保管するようにしましょう。

お茶を購入したときは、以上のことに気をつけて保管するようにしましょう。そうすることでお茶を長く美味しくいただくことができるでしょう。通販にてお茶をお取り寄せしようとお探しの方は、当ショップにて自然素材の日本茶・緑茶、煎茶、健康ブレンド茶を販売していますのでいかがでしょうか。

健康に気を配っていらっしゃる方には、健康茶、健康自然食品をいくつかご用意いたしておりますので、チェックしてみてください。お客様が安心してお召し上がりいただける日本茶、緑茶(煎茶)、健康茶を取り揃えておりますので、どうぞお買い求めください。
こんなものがあります