2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 
水と自然食品への関心ポイント

近年、健康への関心が高まると共に、自然食品の人気が続いています。その背景には、健康を意識する年齢層の拡大や、食生活の偏りや運動不足による生活習慣病の増加傾向があげられます。
当ショップでは、日本茶をはじめ、健康に配慮した自然素材の食品を、通販にてお取り寄せいただけます。こちらでは、お茶を飲む際に必要な水と自然食品への関心ポイントについてご紹介しています。

美味しいお茶の水

お茶を淹れるときのお水は水道水ではなく、ミネラルウォーターを使用されている方もいらっしゃいます。ミネラルウォーターは、軟水と硬水に分類され、どちらを使うかによってお茶のでき上がりが大きく変わります。軟水と硬水の違いは、カルシウムやマグネシウムなどの含有量によるものです。ミネラルが多く含まれているのは硬水で、外国製のミネラルウォーターには硬水のものが多くみられます。硬水で日本茶・緑茶(煎茶)を淹れると、味が淡白になり、香りも薄く、濁ったお茶になってしまいます。反対に、日本の水道水やミネラルウォーターのほとんどは軟水です。軟水で日本茶を淹れると、コクのあるまろやかな味と綺麗な濃い緑色のお茶ができ上がります。日本の水が元々軟水であるため、日本茶には軟水が最適なのです。

水道水で淹れる場合のコツ

ご家庭の水道水でも、塩素を抜くことで美味しい日本茶を味わうことができます。やかんでお湯を沸かす際に、沸騰し始めたやかんの蓋をずらして、沸騰状態を3〜5分続けます。そうすることで、ほとんどの塩素を抜くことができ、塩素独特の臭いを感じずに日本茶本来の旨みと香りを楽しむことができるでしょう。湯冷ましが必要なときも、一度沸騰させたお湯を目的の温度まで冷ましてから使用するのがおすすめです。

急須や湯呑みについて

急須は、使用する前に湯通しをすることで汚れを落とします。そして、湯呑みは内側の色が濃くないものを選ぶこと(伊万里・有田焼などの白磁のものが最適)で、日本茶本来の美しい色合いを目で楽しむことができます。これらを行うことで、お茶を目、鼻、口などの五感を使って味わう楽しみが得られます。日本茶やブレンド茶がお好きという方は、ぜひお試しください。

食の大切さ

心と体の健康ためには、毎日の食事が大切です。私たちの体は、食事によって得た栄養で生命活動を支え、体を作りあげています。ですから食品添加物がたくさん含まれた加工食品や農薬を使用した農作物ばかりを摂取していたら、私たちの健康を維持することはできません。健康維持のためには、農薬や化学肥料を使用しない農産物や、食品添加物を含まない無添加食品など、自然のままに近い食品を摂取することがとても大切なのです。

現代に溢れかえる食品添加物

食べ物や飲み物というのは、元々自然に産出されるものですが、現代は自然ではない食品添加物が含まれた食べ物で溢れかえっています。私たちは、気がつかないうちに自分たちの体に大きな健康被害を与えているのではないかと考えたほうが良いでしょう。したがって、食品添加物が含まれていない無添加の自然食品を食べ・健康飲料を飲み続けていくことが大切です。

安全な食生活を

私たちの食生活は便利になりましたが、食品添加物の弊害があるということを忘れてはいけません。私たちの健康を守るためには、自分の体に取り入れる食品が安心・安全なものなのかをきちんと把握することも重要です。これから食品を選ぶ際には、食の安全性について見つめ直してみてはいかがでしょうか。

当ショップでは、自然のものを大切にした商品作り、販売を心がけており、日本の味を大切にした選りすぐりの商品を集めた通販を行っております。健康に気を配った無添加の飲料や日本茶、食品などを提供していく考えです。人間にとって最大の幸せとは、心と体が健康であることではないでしょうか?
健康で活き活きとした生活を送るためにも、ぜひ当ショップをご活用ください。