2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
健康ブレンド茶利用のおすすめ

ナノ型乳酸菌の補給と活用のおすすめ

乳酸菌は、私たちの腸内で乳酸を作りながらブドウ糖や乳糖を分解しています。乳酸が増加することによって悪玉菌の増殖を抑えることができるので、乳酸菌は健康を追求されている多くの方から注目されているのです。当ショップでは菊芋とヤーコンを配合したお茶だけでなく、ナノ型乳酸菌を配合した自然食品の不老仙を通販にて販売しています。

乳酸菌とナノ型乳酸菌の違い

乳酸菌とナノ型乳酸菌の大きな違いは、粒子の大きさです。ナノ型乳酸菌は名前に「ナノ」という言葉が入っている通り、ナノサイズ(百万分の1ミリ)の粒子です。粒子が小さいことで少量でも一度にたくさんの乳酸菌を補給することが可能になるため、効率良く健康維持をサポートします。「ナノ型乳酸菌入り不老仙」では1袋あたり2500億個のナノ型乳酸菌を補給することができます。また、一般的な乳酸菌では活躍しなかった大腸でもナノ型乳酸菌は胃〜小腸〜大腸まで届いて活躍するという違いがあります。

ナノ型乳酸菌nECの特徴

近年では乳酸菌は死滅してもサポートする役割はあるとされていますが、健康を維持するために乳酸菌を取り入れるとなると生きている乳酸菌を補給したいでしょう。乳酸菌が死滅する温度は約40℃から60℃と言われています。冷凍した場合には死滅しませんが、凍ってしまうので温度に細心の注意を払う必要があります。一方、ナノ型乳酸菌nECはナノ化技術によって誕生した菌なので、熱や氷点下、乾燥に強い特徴があります。そのため温度に注意する必要がないので、様々な方法で生きたままの乳酸菌を取り入れることができます。

食生活に不老仙を取り入れよう

健康を維持するために、乳酸菌を含んでいる食材を食生活に取り入れている方もいらっしゃるでしょう。乳酸菌を含む食材というとヨーグルトやチーズなどの乳製品、味噌やキムチなどの発酵食品があります。このように様々な料理に取り入れることができるような食材がありますが、毎日の食事に取り入れるとなると料理のレパートリーも制限され、味にも飽きてしまうでしょう。不老仙は普段口にしている料理に混ぜる、ごはんや料理の上にかけて食べる、水やお茶などの飲み物に溶かして飲むなどにより簡単に体内に取り入れることができます。健康を維持するために、食生活をサポートする自然食品を取り入れる場合は無理なく継続できるものを選ぶことが重要なポイントになりますので、気軽に取り入れることができる不老仙はおすすめです。

私たちの体をつくるのは摂取する食べ物です。腸内環境を改善するバランスの取れた日本伝統の
食事を見直してみてはいかがでしょうか。当ショップでは、「ナノ型乳酸菌入り不老仙」のほか、
日本茶・緑茶・煎茶や不老仙、菊芋(キクイモ)、ヤーコンなど、自然の恵みを活かした無添加の
健康ブレンド茶や自然食品を通販で取り扱っております。緑茶・煎茶は、味が良いのはもちろん、
ビタミンやミネラルといった様々な栄養素も豊富に含んでいるので、生活習慣が気になるという方におすすめです。