2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
お茶のはなし
日本茶は自然と人が調和して作り出された作品です。
 お茶は自然条件や栽培管理のちょっとした違いから味の違いが分かれてきます。
 第一に、それぞれ産地(土地)における水(雨)と気温、霧の発生や日照時間、日射量、風そして土壌などなどの自然条件と茶の品種そして人の手による施肥や栽培管理の重要性があります。
 第二に、生産摘みとられた茶葉を加工する技術と茶葉ごとの特徴を引き出すためのブレンド調合の技術が必要となります。毎年毎年の自然条件の違いからお茶の味や質にも微妙な違いが出てきます。そこに加工や調合など人の技術が加わって美味しいお茶を作りだすことになります。
 さらに第三に、お茶の淹れ方により味の違いがでてしまうのもお茶の特色です.ですからせっかくのよいお茶も、淹れ方によって美味しさを引き出すことができるし、また悪くもなってしまいます。
 最後は、大事なお茶を自分好みのお茶を選んでいただき、そして親しい方にもその美味しさを飲んでいただけるような心遣いで茶を淹れることが大事ではないかなと考えます。そのためにも、美味しい日本茶を見つけて楽しんでいただきたいと思います(店主)

 
森の茶 山間地の茶をどうぞ・遠州森町の茶
 静岡県中央部の内陸にある森町はお茶の名産地として隠れた存在の土地です。町の北部丘陵地帯に位置する三倉地区では標高300m〜400mの水はけのよい山間地斜面に茶園が広がっています。ここが日本最大の茶県静岡でもたいへん良質のお茶がとれるところです。ただ、土地が広くはないので、お茶の生産量は限られ、多くは出回っておりません。
※三倉地区とは・・大久保、田能、中野、上野平などの丘陵地集落があり、平坦地はほとんどなく、農地のほとんどが斜面に広がる茶畑です。静岡のお茶は、こうした内陸山間地から始まり、南の海に近いところへ下りてきました。伝統的産地のお茶はやはり美味しいと今でも評価は高いです。

 当店のお茶は、この三倉地区のお茶をメインに扱っております。より美味しさを引き出すため、数種の茶葉をブレンドして納得のお茶に仕上げています。だから美味しいのです!
高級ブレンド茶(森の茶山の茶・・・静岡森町三倉・山の茶)はこちら

 お茶好きな人のためのお茶を自信をもって提供します!
自信と信頼!のお茶屋のお茶を飲んでみませんか
 当店のお茶は、大量生産工場で製造されたものではありません。この道40年のお茶屋の経験から茶産地を訪ね歩いて見つけ、熟練した職人技により茶葉を厳選(selected)し、調合(blended)しながら、美味しい味のお茶(ブレンド茶)を作り出し、それを一つずつ丁寧に袋詰めしてできたものです。ですから多くは製造できません。お茶の手作り品とでも言えましょうか。
 当店のお茶は、お茶の東風園(こちえん)との共同企画によりネット通販により提供しております。毎日飲むお茶は、他の同じ価格帯のものより価値の高い美味しいものをと考え、これまでも地元で大変評判のものをベースにご用意しております。ネット通販商品として販売するのは初めてのものばかりです。お茶屋のお茶の味をお試しください。どこにもない味できっと美味しいと感じられるでしょう! ご進物にも自信をもっておすすめできます! 日本茶・緑茶は、40年のベテランブレンダー謹製のものをお送りします。


高級ブレンド茶(森の茶山の茶・・・静岡森町三倉・山の茶)はこちら