2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
お知らせ

2019/09/10
人気のキクイモの特色・効能について

菊芋(キクイモ)製品について(自然プラス製品)・・紹介

菊芋(キクイモ)は、糖尿・高血糖値、便秘、肥満、中性脂肪、アトピー等の改善等 生活習慣病の予防・対策としての健康食品、健康茶飲料として注目されています。 

○それは?・・・菊芋(キクイモ)の特徴
菊芋(キクイモ)の成分の中でも、イヌリンを含む豊富な食物繊維により、糖分の吸収を抑え余分な栄養を体外へすばやく排出すること、さらに重要な栄養を取り入れることから、糖分、血糖値便秘や太りすぎなどの改善に、腸(および脳)をきれいにして健康な体づくりができることが、今注目される理由です。体内に溜まった毒素を排出して腸をきれいにする(快便)には食物繊維を多く摂る事が最も有効、大切です
 
 食物繊維と一緒にビタミン・ミネラル(マグネシウム、
カルシウム、カリウムなど)、酵素、必須アミノ酸 なども摂取できます。

※便秘が大腸癌、腸閉塞、胃腸障害、ストレス、アレルギー、動脈硬化などの原因になります。

菊芋(キクイモ)(粉末および粒サプリメント)の成分の多くはイヌリンを含む多糖類食物繊維です。(図1.図2)。
イヌリンの糖質・カロリー(エネルギー)は、体内に吸収されることがないため、ダイエット食品などに利用価値が指摘されています。
キクイモの食物繊維は水溶性のため、腸内で水分を吸収して、一緒に摂った食物糖質の吸収を抑制する働きがあります。

・イヌリンは腸内ではじめて分解され、フラクトオリゴ糖となるため、腸内で善玉菌のエサとしても働き善玉菌の働きをよくします

キクイモは、他の食物と比較しても食物繊維の含有量が断然多い食品です。

 ・・・キクイモの成分の75%は食物繊維です​

当店(自然プラス)では、菊芋(キクイモ)とヤーコンを飲みやすくしたお茶(ティーバック)や菊芋を粉末、粒状にした製品を提供しております。お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:43

次へ リストを見る